せっかち関西人ののんびりスコットランド移住生活。

どういう訳かスコットランド人と結婚することになり、30数年の日本生活を捨てて、2015年秋からスコットランドのエディンバラに移住した関西人のどうってことない日常と育児日記(予定)。

街のいながら田舎を楽しめる

我が家はスコットランド首都Edinburghのお隣のModlothian地区にあります。車で5分もすれば、Edinburgh市内。首都でGlasgowについで大きな都市。ただこちらで”都市”とはいっても賑やかな地区はせっまい。実際に都会っぽいのは山の手線2駅分くらいで、それ以外は郊外の住宅街の趣き。

なので、市内でないうちの家は、町ではあるものの結構な田舎。すこーし中心部からはずれれば、青々とした丘、牧場が広がる田舎で、牛やら馬やら羊やら、非常に平和な眺めが広がる。

日本の都市の喧騒とはかけ離れた、人によっては贅沢な環境かもしれない。

ただ、時々、町全体が臭う。牧場から漂う堆肥のかほり。秋冬にむけ、恐らく牧場で準備しているんであろう。今朝は朝からかれこれ半日以上、強烈に臭い。窓をあけるとむせるような臭気で窓もあけられず、何なら二重窓の僅かな隙間をぬって入ってきてる。

一日、強烈な堆肥臭を嗅ぐはめに。町にいながら田舎満喫。ただ、満喫するのは嗅覚じゃなくて視覚だけでいいと強く願う週末の午後。。。